軽症の新型コロナから回復もウイルス再活性化か 心臓にダメージで男性が移植手術

新型コロナウイルスでは、ウイルスが休眠、あるいは潜伏という状態で体内にくすぶり続けることがあるという。

2021/10/06 06:30

手術・外科手術・オペ

40代以下なら感染してもおそらく軽く済む、と考えている人も少なくない新型コロナウイルス。しかし、軽症であってもじつに多くの人がつらい後遺症を経験し、いつ中等症や重症に陥るか予測がつかないのが現状だ。

そして、ウイルス検査が「陰性」となった後にも、それが体内で静かに潜伏し続けているとしたら…。

軽症と言われたのに心臓に強いダメージを受け、移植手術が行われたアメリカ男性の話題を『CBS News』『Mail Online』など英米のメディアが伝えている。



 

■「軽症」と診断される

このほど無事に心臓移植手術が成功したという、ペンシルベニア州ピッツバーグ市のダン・スタイペティッチさん(48)。

スキーを愛する冒険家で、普段はフィットネスインストラクターとして活動している健康体だったダンさんは、昨年11月に新型コロナウイルスに感染。医師からは「軽症」と診断された。

軽症で心臓にそこまでのダメージが加わるものなのか、この症例は多くの専門家の関心を集めている模様だ。


関連記事:「コロナによる肺の不調」と誤診された女性 ようやく受けた検査で末期がんと判明

 

■5ヶ月後に風邪を引き…

新型コロナウイルス感染後はしばらく安静にし、今年1月にはウイルス検査の結果も陰性に。それで完治したと思っていたダンさんだが、その後も胸の違和感は続き、ウェイトリフティングでは以前ほどの重さを上げられなくなってしまった。

そして今年4月に風邪を引いたダンさんは、呼吸が苦しく横になることができなくなり、家族の強い勧めで再び病院へ。検査の結果、心臓に大きな問題があることが発覚した。

次ページ
■心臓のポンプ機能にダメージ

空白の軌跡 心臓移植に賭けた男たち (講談社文庫) 【Amazonでチェック】

手術話題肝臓心臓移植心臓腎臓新型コロナウイルス軽症翻訳記事心原性ショック循環不全再活性化フィットネスインストラクター
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング