マック店長が低血糖男性をオレンジジュースで救出 「でかした」と称賛の声

夫のピンチを救った店長を、妻は「私の英雄」と呼び感謝した。店長の行動力に多くの人が感動したようだ。

2021/10/06 05:45

マクドナルド

ショックを起こし、危険な状態に陥った高齢の男性。その妻がマクドナルドに行き救いを求めたところ、店長がとっさの行動に出ていたことを、『Fox News』『WXYZ』などアメリカのメディアが伝えた



 

■夫の異変に気づいた妻

先日のこと、アメリカ・ミシガン州で暮らすスーザン・コージーさんが、高齢者センターにいた夫を車で迎えに行った。

それまでベンチに座って待っていた夫は、スーザンさんを見つけるなり立ち上がって車を目指したが、その姿を見たスーザンさんは「様子がおかしい」とすぐに気づいた。

車に乗っても話をすることもできない夫を見て、スーザンさんは「低血糖になっている」と確信。糖尿病の夫は、すでに84歳。「このままでは命が危ない」と考えたスーザンさんは動揺した。


関連記事:登録者1000万人突破のヒカキン 祝福の声の中に「目を疑うような方が…」

 

■救いを求めマックへ

そこでスーザンさんは近くにあったマクドナルドに急ぎ、ドライブスルーのスピーカーからクルーに救いを求めた。

「Lサイズのオレンジジュースが必要なの、すぐに外に持ってきてくださいませんか」「糖尿病の夫がショックを起こしているんです」というスーザンさんの話に驚いたクルーは、すぐに店長を務めるジェームズ・ダルピアズさんに「困っているお客様がおられます」と伝達した。

次ページ
■「店長さんは英雄」と妻が感謝

マクドナルドが大切にしてきた「マニュアルを超える」31の方法 (中経出版) 【Amazonでチェック】

マックジュース砂糖マクドナルド糖尿病店長英雄ドライブスルー翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング