「学校再開が嬉しい」と喜んでいた6歳女児 死亡した原因は自宅トイレで…

自宅にヘビが入ったことに気づかず、噛まれてしまった女の子。体調は急激に悪化し、息を引き取った。

2021/10/06 07:00

トイレ・子供・少女

待ちに待った学校の再開が決まり、ワクワクしていたという6歳の女の子。しかしヘビに噛まれて亡くなってしまったことを、『Metro』などの海外メディアが伝えた。



 

 

■学校に行けることに歓喜

サウジアラビアで暮らしていたタマラ・アブドゥル・ラーマンちゃん(6)は、コロナ禍で登校が困難な日々にじっと耐えた。しかしようやく学校の再開が決まったため、教室で授業を受けられることに大喜びしていたそうだ。

しかしそんなタマラちゃんが家族と暮らす自宅に、いつの間にかヘビが侵入。そのままバスルームに入り込み隠れていたことに、誰も気づいてはいなかった。


関連記事:ペットのヘビが逃げ出しアパート敷地内に生息? 出没情報に隣人が震え上がる

 

■ヘビに噛まれ病院に搬送

まさかヘビがいると思うわけもなく、タマラちゃんはいつものようにバスルームへ。そこでトイレを使用したところ、いきなりヘビに噛まれて悲鳴を上げた。

タマラちゃんはその後に病院に搬送されたが、体調は急激に悪化。医師団はタマラちゃんを集中治療室に移し、命を救うために手を尽くしたという。

次ページ
■少女の死に家族も憔悴

ありそうで無かった蛇の駆除と予防法の本: 大嫌いな蛇を二度と見たく無い方へ捧ぐ!駆除と予防の本決定版! ペストコントロール (ペストコントロールブックス) 【Amazonでチェック】

トイレ学校病院ヘビ死亡悪化治療搬送バスルームコロナ禍翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない