「接種しておけばよかった」 ワクチン陰謀論を信じた女性が新型コロナ感染死

「人生最大の過ちを犯してしまった」と悔やんだ女性だが、すでに手遅れだった。

2021/10/07 11:30


 

■死を覚悟

集中治療室に入ったアビーさんは死を意識し、家族に「子供たちの世話をお願いしたい」「良い人生を送れるよう見守ってやって」と懇願するようになった。アビーさんは17日ものあいだ回復を目指したが、どんどん弱り、9月22日に息を引き取った。

親しい友人たちはアビーさんの子供たちの将来を心配し、インターネットで寄付金を集めている。


関連記事:新型コロナワクチン未接種の夫婦が7人の子を残して死亡 遺族が悲しみのコメント

 

■遺族の悲しみは深く…

悲しみに暮れる遺族はアビーさんが陰謀論を信じていたことを公表し、「みなさんはワクチン接種を…」「どうかアビーのように命を落とさないで」とメディアを通し訴えている。

ワクチンについての考え方は人それぞれで、打たない人を批判するべきではない。ただメリット・デメリットを正しく理解し、嘘や噂にだまされないことも重要だ。新規感染者は減っているが、第6波は来ると言われている。それぞれがしっかりと感染予防に努めたい。

・合わせて読みたい→14歳少女のコロナ死に看護師も衝撃 「夢も人生も奪われた」と悲しみのツイート

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

しっかりわかる ワクチンと免疫の基礎知識 (池田書店)【Amazonでチェック】

陰謀論後悔死亡ワクチン感染集中治療室新型コロナウイルス翻訳記事科学的根拠未接種
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング