市原隼人がプレッシャーで「全く寝れなかった」とこぼす“マニアックな役”とは

グルメドラマ『おいしい給食』が2年の時を経て大復活。主演の市原隼人には喜びと同時に想像絶するプレッシャーが襲いかかり…。

市原隼人

俳優の市原隼人が7日、東京・秋葉原で開催されたドラマ「『おいしい給食 season2』制作発表記者会見」に登場。同作で演じた強烈個性な教師役について「群を抜いてハードだった」と本音をあらわにした。


画像をもっと見る

 

■2年ぶりの復活

おいしい給食

2019年10月期に放送され話題を集めた『おいしい給食』は、市原演じる給食マニアの教師・甘利田と、佐藤大志演じる給食マニアの中学3年生・神野との「どちらが給食を美味しく食べるか」という熱い闘いを描く学園グルメコメディ。

佐藤大志

給食をめちゃくちゃ美味しそうに食べ、時には踊り、時には叫ぶ市原の破壊力満点な演技力が見どころとなっており、season2では甘利田の転勤先に宿敵・神野が現れ…。10月13日よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて順次放送がスタートされる。


関連記事:緊急事態宣言時「授業は自宅、昼食は学校」に非難殺到 大阪市教委に意図を聞いた

 

■「恥ずかしい…」

市原隼人

イベントには、市原、佐藤のほか、甘利田の同僚教師・宗方を演じる女優の土村芳、体育教師・真野役の勇翔、佐藤のクラスメート・皆川を演じる山﨑玲奈、そして綾部真弥監督が登壇。

放送開始を控えた今の心境を問われると、市原は「正直、(やや過剰演技な)甘利田を見られることがすごく恥ずかしい…。給食が好き過ぎて、給食に翻弄されながらも生きている滑稽な姿をぜひ楽しんでいただきたいです!」と独特なキャラクターを演じたことを振り返り、笑顔を見せた。

次ページ
■原作なしのオリジナルストーリーだけに…

話題呼んだ異色ドラマ「おいしい給食」【amazon】

映画ドラマ市原隼人おいしい給食佐藤大志山崎玲奈土村芳勇翔綾部真弥
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング