遊園地アトラクションから6歳少女が落下死 遺族は安全管理を問題視

事故を起こしたアトラクションには、過去にもシートベルト装着を巡るトラブルが...。

2021/10/08 06:30

遊園地・アトラクション・フリーフォール・自由落下

アメリカの遊園地で、6歳の少女が自由落下型のアトラクションから放り出されて死亡した。同国の『CNN』が報じている。



 

 

■無視された警報

9月5日、家族とともにアメリカ・コロラド州にある『グレンウッド・ケイバーズ・アドベンチャー・パーク』を訪れたウォンゲル・エスティファノスちゃん(6)が、自由落下するタワー型のアトラクション「ホーンテッドマインドロップ」に乗った。

これは一度に6人の乗客を乗せて110フィート(約33メートル)落下するアトラクションで、各乗席には2本のシートベルトが装備されている。しかしウォンゲルちゃんはこのシートベルトを正しく着用できておらず、安全制御装置による警報が作動したが、無視された状態で発進したという。

結果、ウォンゲルちゃんは空中に投げ出され、近くのお化け屋敷の屋根に落下して死亡した。


関連記事:米遊園地のウォーターアトラクションで転覆死傷事故 ほぼ同型が日本にも

 

■オペレーターの経験不足

安全制御装置が作動したにも関わらず、それが見逃された原因として、担当オペレーターの経験不足が指摘されている。

事件が起きた当時、アトラクションを担当していたオペレーターは2人。そのうち1人は今年8月5日に初めてトレーニングを受けた新人で、もう1人も事件が起きるわずか2週間前に採用されていた。

次ページ
■遊園地は安全性を主張

レトロを94年貫いた伝説の遊園地 としまえん Project Metropolitan Archives [プリント・レプリカ]【Amazonでチェック】

遊園地アメリカ警報アトラクション落下シートベルトオペレーター翻訳記事安全管理グレンウッド・ケイバーズ・アドベンチャー・パークホーンテッドマインドロップ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング