復電しても「すぐにブレーカー上げないで」 その理由に宮根誠司も驚き…

電気が復旧しても、焦ってすぐにブレーカーを上げるのはNG行為? 番組で専門家が解説。

2021/10/08 17:30

宮根誠司

7日午後10時41分頃、千葉県北西部を震源とする地震が発生。埼玉県南部と東京23区で震度5強の揺れを観測し、各地で被害が出ている。

翌8日放送の『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)では、「地震発生時のNG行動」を紹介。専門家が警戒を呼びかけた。



 

■地震発生時のNG行動

番組では、「地震発生時のNG行動」として「爆発する恐れがあるため火をつけない」「回線パンク防止のため不要不急の電話の使用を控える」といった注意事項を紹介。

番組司会の宮根誠司は、「ブレーカーを上げて通電させない」という項目を指し、「ブレーカー上げないと電気通らないんですが…ブレーカーを上げる前にやるべきことがあるってことですか?」と、防災システム研究所の山村武彦氏に尋ねる。


関連記事:地震直後のNHKニュース 糸井アナが“呼びかけた内容”にハッとする声

 

■ブレーカーを上げる前にすべきこと

山村氏によると、「(復電したら)一旦全ての電気器具のプラグを抜いて、そのうえでブレーカーを上げる」必要があると話す。

「配線器具で異常があれば臭いや煙がしますから、安全を確認したうえで、1つ1つの電気器具をプラグに差し込んで戻して…ということが大切です」と解説。

これには宮根も、「は~! 1回コンセント抜いてからブレーカー上げてくださいね、ってことですね!」と思わぬ危険に驚く声を上げた。

次ページ
■マンションのエレベーター問題は…

アイリスオーヤマ 非常食7日分【Amazonでチェック】

テレビ地震停電宮根誠司火災情報ライブミヤネ屋通電火災ブレーカー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング