テニスボール6個も頬張るゴールデンレトリーバー 記録更新でギネスブックに

誰もボールを投げてくれないとわかると、芝生の上で自ら仰向けに転がるという。

2021/10/09 11:30

ゴールデンレトリーバー・テニスボール・ボールキャッチ

大きな口で、ボールをキャッチして遊ぶのが大好きな犬は多い。だが、テニスボールを6つも口に含む犬の姿など、想像したことはあるだろうか。

このほど、アメリカのゴールデンレトリーバーがそれを成し遂げたという。地元メディアの『Democrat and Chronicle』や『ギネス世界記録』が伝えている。

【動画】テニスボールを6つも頬張るゴールデンレトリーバーがギネスブックに



 

■世界記録は5つから6つへ

「あまりにも豪快だ」と世界の愛犬家の間で話題になっているのは、ニューヨーク州オンタリオ郡のカナンデイグアという町に暮らす、ゴールデンレトリーバーのフィンリーくんだ。

どの犬も真似ることすらできなかった、テニスボールを「5つ」頬張るという驚きの記録。それがフィンリーくんにより17年ぶりに破られ、「6つ」に更新されたそうだ。


関連記事:160kmを22時間以内に走破 ギネス認定員も驚いた最強の女性義足ランナー

 

■幼い頃からちょっと欲張り

飼い主のエリン・モロイさんの両親であるシェリーさんとロブさんは、フィンリーくんについて地元メディア『Democrat and Chronicle』の取材に、「あの子が口の中に4つのテニスボールを詰め込んで駆け寄ってきたときの誇らしげな表情を、いまだに覚えています。いつか、何かすごいことをするのでは…と予想していました」と話している。

ボールキャッチが大好きで、2歳のときからいくつものボールを独り占めし、口から出さずためるようになったそうだ。

次ページ
■誰も相手をしてくれないと…

ギネス世界記録2021 (単行本) 【Amazonでチェック】

アメリカ話題ギネス世界記録翻訳記事新記録テニスボール認定員ゴールデンレトリーバーボールキャッチ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング