「HIV陽性」で母親は卒倒し恋人に去られ… 悲惨な経験した女性が驚きの経緯公表

医師から「長く生きていけるよう頑張りましょう」と言われた女性。恋人も失い、悲しい日々を過ごしたという。

2021/10/09 15:00

女性・泣く・涙・うつ・鬱

検査を受けたところ、予想もしていなかった結果を聞かされ大ショックを受けた女性。不安でいっぱいな日々を過ごした経緯を動画で公開し、大変な話題を集めている。『The Sun』などの海外メディアもその経験に注目し、報じた。



 

■定期的に検査していた女性

海外で暮らすTikTokユーザーの女性が、自身が経験したとんでもない出来事を動画にまとめて公開した。

女性は昔から定期的に産婦人科で検診を受けており、6年前にも一通りの検査を受け結果を待っていたとのこと。しばらくすると病院から電話がかかり、「付添の人と一緒に来てください」「検査結果について話があるのです」と言われたのだという。

さっそく病院に行ったところ、担当医に「悪いお知らせなのですが、大丈夫ですか」と問われた女性。続けて医師の口から飛び出したのは、「あなたはHIV陽性です」という信じがたい言葉だった。


関連記事:少女の顔に噛みつき流血させたHIV陽性の男 さらなる罪を重ね実刑判決に

 

■衝撃を受け母親は卒倒

一緒にいた女性の母親はひどいショックを受け、気絶してしまった。看護師たちもさすがにあわて、すぐに介抱してくれたという。

いっぽう女性は医師に「すでにひどい状態なのでしょうか」と質問したが、返ってきた答えは「とにかく可能な限り長く生きることができるよう、しっかり対処していきましょう」という曖昧なものだった。

当時、女性には恋人がおり、そちらもあわててHIV検査を受けたが、結果は陰性だった。だが女性からの感染を恐れたのか、男性は破局を切り出したという。

大打撃を受けた女性はHIVの専門医に会い、詳しい検査をしてもらうことに。すると専門家は、「完全に陰性ですよ」「なぜ陽性と言われたのか、さっぱり分からない…」と女性に伝えた。

次ページ
■明らかになった真実

感染宣告 エイズウィルスに人生を変えられた人々の物語 (講談社文庫)【Amazonでチェック】

動画恋人医師HIV破局専門家産婦人科TikTok抗体検査陽性翻訳記事偽陽性
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング