和牛・水田、ファンの手作り弁当をゴミ箱に吐く優しい理由 感謝ゆえに…

『人志松本の酒のツマミになる話』に出演の水田。料理への愛が深すぎるゆえの奇行とは…。

2021/10/09 00:00

人志松本の酒のツマミになる話

8日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、人気お笑いコンビ・和牛の水田信二が出演。元料理人ゆえの悩みを明かし、ネット上で話題になっている。



 

■手料理を食べたい水田

有名洋食店で修行した経験を持つ元料理人であり、創作料理も作れる腕前から料理芸人としても活動している水田。しかしこの「料理が上手い」というイメージから、この10年間で、女性から2〜3回ほどしか料理を作ってもらったことがないという。

少々悩んでいるようで、スタジオの女性メンバーに「料理得意な男性でどうなんやろ」と問いかける。タレントの井上和香は、父が板前であり、お弁当なども作ってもらっていたため「料理が出来る男性は素敵」と思っているとコメント。

満足げに聞いていた水田だったが、その後井上が料理ができる人と付き合った際、採点するように井上の手料理を評価してきたため、逆に苦手になってしまったという。

これに水田は「(本当の)料理人って絶対家で(文句)言ってないと思う」「作る大変さ分かってるから」「感謝です」と語り、スタジオを沸かせていた。


関連記事:『酒のツマミ』三宅健が明かしたV6メンバーの取扱説明書 意外な共有事項も…

 

■「何回か咀嚼して…」

料理への愛が深い水田だが、それゆえに困ったこともあるという。

若手の頃、ファンから手作り弁当などをもらった際、「味に興味がある」「作ってくれた人への感謝がある」と考える水田に対し、「何かあったらあかんから」と食べないように注意を促してくる社員との板挟みになり、どうすべきか分からなかったそう。

迷んだ末に水田は、「一口、口に入れてから味見て、ゴミ箱に吐き出す」「何回か咀嚼して、『オエーッ』(と吐く)」ことで、自身の信念やファンの想い、社員の考えなどすべてに寄り添おうとしていたようだ。

次ページ
■「水田さんの優しさ」

由比缶詰所 特選まぐろ油漬(綿実油)×10缶セット【Amazonでチェック】

ファン弁当料理和牛井上和香水田信二人志松本の酒のツマミになる話
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング