清原和博、プロ野球ドラフト会議への本音告白 「くじ引きはちょっと…」

元プロ野球選手の清原和博がドラフト会議に対する心情を語り話題に。「ドラフトは残酷」と自らの思いを明らかにしている。

清原和博

元プロ野球選手の清原和博が9日、自身の公式YouTubeチャンネル『清ちゃんスポーツ』を更新。動画内でドラフト会議に対する心情を語り、話題を呼んでいる。

【動画】ドラフト会議に対する心情を語る清原



 

■ルーキーの活躍

動画冒頭、「今年プロ野球でルーキーが凄く活躍してるんですよ」と語る清原。広島東洋カープの栗林良吏選手、阪神タイガースの佐藤輝明選手、横浜DeNAベイスターズの牧秀悟選手など各球団で活躍するルーキーたちを例に挙げている。

続けてルーキーの活躍が顕著に表れている現状を踏まえ、清原は「今回もこのドラフトで指名された選手は、来シーズンの活躍期待できるんじゃないかな」と予想した。


関連記事:清原和博、プロ野球選手OBで記録 銀の盾に「無冠の帝王が…!」と喜び

 

■ドラフト会議2021の注目選手

さらに、清原は『今年は本格派投手が揃っているそうです』と前置きし、市立和歌山高校の小園健太選手を注目選手として挙げている。小園選手が最速152キロのボールを投げることをスタッフに伝えると、すぐさま「素晴らしいじゃないですか」とスタッフが反応。

それに対して清原は「でもね、高校生でほとんど150キロ出してるんですよ」と語りつつ、同じく投手で同世代最速の157キロを計測した風間球打選手を紹介した。

この剛腕を持つ選手たちが、どこの球団に所属することになるのか注目しているようだ。


次ページ
■ドラフトは残酷

清原和博『告白』【Amazonでチェック】

阪神タイガース広島東洋カープ話題清原和博横浜DeNAベイスターズドラフト会議プロ野球選手牧秀悟清ちゃんスポーツ佐藤輝明栗林良吏小園健太風間球打
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング