PTSDは日本メディアのせい? 海外の眞子さま報道では宮内庁への違和感も

宮内庁による複雑性PTSDの公表のせいで、今後の眞子さまがひどい孤独感に苦しむ可能性も…。

2021/10/10 13:30

眞子さま

長い歴史を誇る日本の皇室に、前代未聞の「納采の儀なしの駆け落ち婚」が起きようとしている。秋篠宮家の長女・眞子さまは、小室圭さんとの結婚が多くの国民に反対され、傷つき、しかし何を手放しても彼と一緒になりたいという状態だ。

さらに、この度の眞子さまの複雑性PTSD公表は、海外にも「そんなタイミングで結婚や海外移住は大丈夫なのか」と波紋を広げている。

『Livemint』『PEOPLE』『yahoo.com』『BUSINESS HALA』など北米メディアの記事が目立つのは、やはり眞子さまを迎え入れる国としての関心の高さであろうか。



 

■「下世話なゴシップ記事のせい」

ここ数日にわたり、海外メディアの多くが眞子さまの複雑性PTSD報道について大きく取り上げている。

例えば『ウォール・ストリート・ジャーナル』の“Japan’s Princess Mako to Marry as Palace Blames Media for Her PTSD(日本のプリンセス・マコいよいよ結婚 PTSDは日本のメディアのせいと宮内庁)”。この記事を引用する海外のメディアは非常に多い。

そうでなくとも、本文中に「日本の週刊誌は下世話なゴシップについて強く責められている」などと記しているメディアは少なくない。


関連記事:小林よしのり氏、眞子さま問題で憤り 「国民の劣化は止まらない」

 

■小室さんの親族の問題

父親、祖父、祖母の自殺、新興宗教信者の親類、母親の金銭問題や年金搾取疑惑など、次々と続いた小室家に関する暴露。身辺調査に関しては週刊誌のほうが常に鋭く、後手に回った宮内庁の反感を買ったことは想像できる。

洋の東西を問わず、メディアが公人や有名人のまずい真実をすっぱ抜いて怒りを買った際、返す言葉は「暴露されて困るようなことをしなければよいのに」だ。

そのため海外の記事の行間からは、小室さんの母・佳代さんが抱えている問題を棚に上げ、メディアを悪者にする宮内庁への違和感や批判のようなものも伝わってくる。

教養として学んでおきたい日本の皇室【Amazonでチェック】

次ページ
■宮内庁があの時もっと…
結婚ニューヨーク週刊誌話題金銭問題身辺調査小室圭眞子さま宮内庁翻訳記事秋篠宮家複雑性PTSD秋篠宮夫妻小室佳代納采の儀ゴシップメディア年金搾取疑惑
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング