デーブ・スペクター、『水ダウ』おぼんこぼん和解を大絶賛 「局長賞を贈呈」

おぼんこぼんが歴史的和解を遂げた『水曜日のダウンタウン』を、TVプロデューサーでもあるデーブ・スペクターがツイッターで絶賛した。

2021/10/10 16:10

デーブ・スペクター

タレントでテレビプロデューサーのデーブ・スペクターが、10日に自身の公式ツイッターを更新。6日に放送されて大反響を集めた『水曜日のダウンタウン』(TBS系)を絶賛した。

【ツイート】おぼんこぼん和解企画をたたえるデーブのの投稿



 

■「伝説の回」「局長賞」と大絶賛

デーブはツイート前半で「先日の『水曜ダウンタウン』でおぼん・こぼんの劇的和解企画が既に伝説入り」とコメント。ネット上やお笑い界の反響を受けてか、同放送が伝説の回になったと指摘する。

そして後半では、「近年チャレンジしなくなってるテレビに刺激を与えて脱帽」と攻めた企画内容を称賛。「勝手ながら局長賞を贈呈します!」と締めくくり、勝手とはいえ賞に値するほどの放送だったと賛辞を送ったのだった。


関連記事:ナイツ塙、おぼん・こぼんが不仲になった事件を語る 原因は選挙だった

 

■お笑い界からも感動が上がった放送

おぼんこぼんは2019年放送の『水ダウ』でその不仲ぶりに注目した企画が行なわれ、2度にわたる仲直り企画が行なわれるもいずれも不発に。約2年が経過した今年9月29日、コロナ禍での中断を挟んだ長期企画の前半が放送され、最後のチャンスともいえる和解の場が設けられた。

10月6日には後半が放送されたが、相変わらず互いに意地を張り続け、今度こそ解散という宣言も飛び出すなど現場は重苦しい空気に。しかし、スタッフが撤収作業をする最後の最後で歴史的和解が成立。

その後は浅草・東洋館で19年ぶりというネタを披露し、スタジオは感動に包まれ、SNSでも視聴者・芸人問わず感動したとの声が続出していた。

次ページ
■和解企画をたたえたデーブ

デーブ・スペクターの作り方【Amazonでチェック】

Twitter水曜日のダウンタウンデーブ・スペクターおぼんこぼん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング