男性が「占い師にだまされた」と民事裁判へ 厄払いの儀式に大金を支払う 

「超能力者で博士号を取得しているライフコーチ」と謳うその人物に、専門性と信頼度を感じ頼ったという。

2021/10/11 20:20

占い師

誕生月、星座別やカードの占いを信じ、その度に一喜一憂してしまう人がいる。だが「不吉なことが…」といった言葉に振り回され、無駄なお金を失うことだけは避けたいものだ。それが原因で起きた訴訟の話題を、『NBC News/Los Angeles』『Fox News』などが報じている。



 

■別れた元カノの強い恨みが…

アメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルス郡で、「男性vs超能力者」の民事裁判が始まることが話題になっている。男性は公私にわたり、何かと悩みを抱えていたマウロ・レストレポさん。

パロス・ベルデス・エステーツに暮らす有名な占い師のソフィア・アダムスさんを訪ね、タロットカードで運勢をみてもらったところ、「別れた恋人の強い恨みを感じる。彼女が魔女を雇って呪縛をかけている」と言われたという。


関連記事:森咲智美が夜のルーティン紹介 脱ぎたがりな姿に加え「あの儀式」も収録

 

■「あなたも家族も不幸になる」

「カードは、運の悪さを意味する“mala suerte(マラ・スエルテ)”と出た。このままでは、ビジネスもうまくいかないうえ、結婚生活やあなたの子供に不幸が訪れる」と言われ、レストレポさんは恐怖で青ざめていった。

そこでアダムスさんは厄払いの儀式を受けるよう勧め、レストレポさんはわらをもすがる思いでそれに飛びつき、5,100ドル(日本円にして約57万円)という報酬の支払いも承諾した。

11万円ほどの保証金を支払った段階で「何も変化が起きていないが」と不安を口にすると、早く全額を収めるようにと促されたという。

次ページ
■儀式後に何も変化がなく…

数秘術で占う 366日誕生日全書【Amazonでチェック】

占い師アメリカ話題儀式提訴相場魔女報酬カリフォルニア州精神的苦痛厄払い翻訳記事タロットカード超能力者博士号ライフコーチ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング