小室圭さんは幸せになれるのか 眞子さまとの駆け落ち婚と超多忙な弁護士事務所勤務で 

ニューヨークでの小室さんは資料や文献の山に囲まれ、疲労困憊のなか連日遅くに帰宅するのだろう。

2021/10/11 11:00

眞子さま

秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚を確実なものにし、ここまでの猛勉強が実を結べば、12月には晴れて国際弁護士になれるという小室圭さん。



 

■SNSでは同情の声も

かつては超逆玉婚とうらやましがられた小室さんだが、現在は「とにかく大変そう」「彼はそれで幸せなの?」といった声がSNSでも増えていることをご存じだろうか。

精神を病んでしまい、「私を連れてここから逃げて」と哀願する眞子さまに責任を感じ、引くに引けなくなり…という結婚だとしたら、小室さんへの見方もやや変わってくるというのだ。


関連記事:ひろゆき氏、小室圭さんとご結婚の眞子さまに「みる目ある」 評価の理由は…

 

■超エリートになり男を上げる

眞子さまとの婚約内定後、母親・佳代さんをはじめ親族に関するいくつかの真実が次々と暴露され、一般人でありながら、かなりの嫌われ者と化してしまった小室さん。

銀行を2年で退職し、法律事務所に転職していた小室さんには、国民の誰もが納得する超エリートになることで男を上げ、責任を果たすよう相当のプレッシャーがかかったことだろう。

一橋大学大学院の社会人を対象とした国際企業戦略研究科を経て、米国のフォーダム大ロースクールに留学。今年12月から国際弁護士を名乗れる可能性が高いというから、随所に秋篠宮家の口利きがあったとしても、とにかく一応の格好はついた形だ。

次ページ
■輝かしいプロフィール

教養として学んでおきたい日本の皇室【Amazonでチェック】

結婚ニューヨーク話題プロフィール眉毛ポニーテール経歴小室圭眞子さま翻訳記事秋篠宮家複雑性PTSD小室佳代サムライヘアニューヨーク移住弁護士事務所
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング