玉川徹氏、ワイドショー配属時の本音明かす 「番組ガチャに外れた…」

玉川徹氏が、ワイドショーの担当が決まった際の本音を告白した。

2021/10/12 12:45

玉川徹

12日放送の『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)では、部下が上司に恵まれないことを意味する「上司ガチャ」について特集。同局の玉川徹氏がワイドショーへの配属が発表されたときに感じたことを語った。



 

■部下たちが嘆く「上司ガチャ」

子供が親を選べず、運任せであることが、若者を中心にSNS上で「親ガチャ」と呼ばれていると紹介していた同番組。この日の放送では、部下が上司に恵まれないことを嘆くときに使う「上司ガチャ」という言葉について特集した。

番組が実施した街頭インタビューでは、「問題があったときに責任取ってもらえず、丸投げで、そのまま『後よろしくね』みたいな感じで…。結局会社で責任取らされるみたいな」といった声が上がった。


関連記事:羽鳥慎一、親ガチャ報道の“裏事情”を明かす 「登録商標なので言えない」

 

■一方で「部下ガチャ」も…

一方で、上司世代からは「部下ガチャに外れた」と感じている人も多い模様。「思うようにはいかない。自分の都合で仕事が進行してしまっているとか、そういうときはどうしてもアレって思いますね」といった声があがる。

これらについて、社会学者・土井隆義氏は「40歳前後を境に仕事に対する考え方に大きな違いがある」とコメント。上司世代と部下世代では、仕事に対するアグレッシブさに差があるそうで、それらの考え方の違いが生まれているようだ。

次ページ
■玉川氏は「番組ガチャに外れた…」

『ニッポンの踏み絵 官僚支配を駆逐する五つの改革』【Amazon】

テレビ玉川徹羽鳥慎一 モーニングショー上司ガチャ部下ガチャ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング