原宿で遭遇した看板、明らかに狙っている… 名探偵も驚きの「真実」が明らかに

原宿・竹下通りで発見したユニークな看板。その秘密に、驚きの声が多数寄せられているのだ…。

2021/10/13 04:45

竹下通り

「若者の街」や「カワイイ文化の発信地」といった二つ名で知られる、原宿および竹下通り。

何かと個性豊かな品々が集う通りだが、ツイッター上では「とある看板」に秘められた仕掛けが話題となっていたことをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■今まで気づかなかった…!

注目を集めていたのは、漫画家・阿部川キネコさんが投稿した一件のツイート。

本文には「4年ほど原宿に通いながら今日初めて気が付いた原宿のアガサ・クリスティー」という一文がつづられており、添えられた写真にはイギリスの偉大な推理作家「アガサ・クリスティー」の名を冠した店の看板が。

アガサ・クリスティー

…と思いきや、よく見るとこれらは「レンタルスペース アガサ」という店と、「紅茶専門店 クリスティー」という店が掲げている完全に別個体な2つの看板なのである。果たしてこれは、どういうことなのだろうか…。

【話題のツイート】これ絶対に狙ってるだろ…


関連記事:ビートたけし、『TVタックル』で街にあふれる落書き犯罪者に憤り 「才能ない」

 

■様々な証言を元に状況整理

原宿駅側から竹下通りに入れば、ものの30秒ほどで出会える件の看板。

竹下通り

しかしあまりに自然に周囲と溶け込んでしまっているためか、ツイート投稿主の阿部川さん自身も今回の取材に際して「4年間毎週金曜通っていたのに、この日初めて気が付きました」と、印象を振り返ってくれた。

「多分コロナ前は竹下通りは人通りが多くて、上を見て歩けなかったから気が付かなかったのかな? と思いました」とも分析しており、思わず納得してしまう。

話題のツイートは投稿から数日で3,000件以上ものRTを記録しており、他のユーザーからは「これ絶対、どっちかが意識して名前付けたよな…」「狙ってやってるでしょ(笑)」など反響の声が続出。

また原宿の街を昔から知っている人々からは「クリスティーは昔からあるお店なので、アガサ側が合わせたのだと思います!」「懐かしい…。クリスティーさんがまだ営業されてるのが嬉しい」といった意見が寄せられており、どうやら「アガサが後発」と見て間違いなさそうだ。

クリスティー

そこで記者は今回「原宿クリスティー」および、同店を運営する「原宿関口ビル管理事務所」に取材を敢行。するとクリスティーとアガサの関係性だけでなく、我々がよく知る「竹下通り」という空間の意外な事実が明らかになったのだ。

次ページ
■「喫茶店」の前の姿が衝撃的すぎる…

アガサ・クリスティーと言ったらコレ!【Amazon】

ツイッター看板原宿話題喫茶店紅茶竹下通り推理小説クリスティーアガサ・クリスティー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング