隕石が屋根を突き破り枕元に落下 奇跡的に難を逃れた女性が心境を告白

強運とは、まさにこのこと。もし頭の位置が少しでも違っていれば、命はなかった。

2021/10/13 10:30


 

■「一寸先は闇」と語った女性

女性はこの出来事について、「ものすごく驚きました」「命は本当に大切なもの」「ベッドに横になって安心しきっているときでさえ、命を失う可能性があるのですから」と話した。

極めて珍しい経験をした女性だが、それを通して「いつどこで何が起きるか誰にも分からない」と身を持って知ったようだ。


関連記事:メンタルをやられる場合も… 50代女性の7割が仕事で無理をした経験あり

 

■死にかけた経験がある?

「もし運が悪ければ絶対に死んでいた」という怖い経験をしたことがある人はいるだろう。しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,789名を対象に調査した結果、全体の29.3%が「死にかけた経験がある」と回答した。

死にかけた

もし枕の位置が少しでも違っていれば、女性は隕石に頭を砕かれて即死していた可能性がある。しかし奇跡的に無傷ですんだことで、自分の運の良さを痛感しているに違いない。

・合わせて読みたい→飲み会に自分だけ誘われないのはなぜ? 会社で孤独を感じたつらい経験談

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10~60代の男女1,789名(有効回答数)

ディープ・インパクト (字幕版)【Amazonでチェック】

奇跡爆音屋根隕石無傷天井翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング