『モーニングショー』スタッフ恫喝する男性客 カスハラ映像に羽鳥慎一が絶句

従業員に対して理不尽な怒りをぶつける「カスタマーハラスメント」の実態を報道。SNSで大きな話題を呼んでいる。

2021/10/13 15:00


 

■カスハラの実態に羽鳥慎一が絶句

番組ではこの他にも、コンビニ、配達業者などのカスハラの実態を取り上げたが、ホテルの映像を見た羽鳥慎一は「ひどいですね、あれはちょっと…」と絶句する。

「イライラしているんですかね?」と同局の玉川徹氏に話を振ると、玉川氏は「みんなイライラしているんだよね、ベースはね。だけど、これはちょっとひどすぎるよね」とコメント。最上階の部屋を要求したことに「ただ単に怒っているということよりは、部屋のグレード上げろみたいなことを最終的に言っていたから、なんかはじめからそれ目的な感じもしますよね、これね」と指摘した。


関連記事:『スッキリ』VTRで隠された“大人の事情” 「映せないの面白い」の声も

 

■半数以上が「理不尽なクレーム」を経験

放送を受け、ネット上では「客だからって何してもいいわけがない」「お客様は神様ではない」とカスハラをする人たちに対する怒りの声が相次いだ。

中には「接客業は本当につらいよね」と同情する声も。しらべぇ編集部が全国の10代~60代の接客業経験者の男女826名に調査したところ、全体の52.4%が「接客中に理不尽なクレームや暴言を言われた経験がある」と回答している。

クレーム グラフ

「お客様は神様」という言葉があるが、玉川氏はこの言葉はあくまでも従業員側の自戒の言葉だとし、「客側が自分を神様だって思っちゃダメだよね」「神様じゃないよね、お互い様だよね」とコメント。

羽鳥も「イライラはあると思いますが、少しずつ譲り合いが必要だとあらためて思います」と呼びかけた。

・合わせて読みたい→貸したジュース代を請求できる? 羽鳥慎一のコメントに共感の声

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の接客業経験のある男女826名(有効回答数)

カスハラ モンスター化する「お客様」たち【Amazonでチェック】

テレビ店員クレーム玉川徹カスハラ羽鳥慎一 モーニングショー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング