アルツハイマーと闘う妻のため 80代男性がスコットランド282峰の全頂制覇に挑戦

「これが病身の妻のために自分ができるたった1つのこと。いつか終わりがくるとわかっていますが…」と男性。

2021/10/14 13:00

山・登山・山頂

愛妻が、2018年にアルツハイマー型認知症と診断。病状が徐々に進行していく様子を黙って見守るしかないことが、あまりにもつらかったという男性がいる。

そして病床の妻のため、81歳の自分自身に大きな課題を掲げて努力していることを、『euronews』『Inside Edition』などの海外メディアが報じた。



 

■妻が24時間介護が必要に

スコットランドの北部となるハイランド地方に暮らす、ニック・ガードナーさん。50代のとき、長年連れ添った愛妻のジャネットさんとともに、イングランドの片田舎から引っ越してきたという。

しかし2018年にジャネットさんはアルツハイマー型認知症と診断され、骨粗しょう症もあるため24時間介護が必要な状態になってしまった。妻のために健康な自分にできることは何か思案していたニックさんは、「2つの壮大な計画」を思い立ったという。


関連記事:悪意の標的にされたSNSで人気の一家 住所流出に放火までされる事態に

 

■夢の実現に向けSNSにも挑戦

細身のニックさんは今、とにかく体力を維持することを意識し、まだ挑戦したことがないスコットランドの山に登る日々を送っている。目標はなんと「282峰ある国内の山を全頂制覇すること」だそうだ。

さらに、少し前にはFacebookとInstagramの使い方も教わり、自身のアカウントを開設。登山中に出会う動植物、美しい景観、山頂制覇の瞬間などを撮影してはページに写真を投稿し、その時々の想いを書き残している。

次ページ
■「山に登るたび童心に帰る」

地球の歩き方 A04 湖水地方&スコットランド 2021-2022【Amazonでチェック】

FacebookスコットランドInstagram話題募金介護チャレンジ寄付金アルツハイマー翻訳記事ニック・ガードナー骨粗しょう症グレンコー渓谷ブアチャイール・エティーブ・モル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング