坂上忍、コロナで青春を失った高校生に送った言葉 「僕らの年代に…」

新型コロナウイルスで「青春」を失ったと悩む子供に、坂上忍が送った言葉とは…。

2021/10/14 17:35

坂上忍

俳優の坂上忍が、『バイキングMORE』(フジテレビ系)の公式YouTubeチャンネルに出演。「青春がコロナで失われました」と男子高校生の相談に回答した。

【動画】坂上が高校生の相談に答えて…



 

■子供たちの悩みに回答

子供から寄せられた数々の悩み相談に、伊藤利尋アナウンサーとともに回答。

小学2年生の女子の「将来の夢が決められない」という悩みに坂上は、純粋なやりたい気持ちで優先順位を付けて、一方で現実的にどれからだったら手を付けられそうか」と理想と現実を見て判断するとアドバイスを送る。

そこへ伊藤アナが「2年生ですから、まぁこれからですね」とまとめようとすると、坂上は「そういう言い方ダメ。子供相手だからって『これから』って言っちゃダメなの。もう始まってるんですよ、小2でも」と反論。そこから自分の才能の見極め方や、アナウンサーに必要な技能の話へと転換させていった。


関連記事:『バイキング』坂上忍、野々村真の発言に「はあ!?」 スタジオも驚き

 

■「青春がコロナで失われました」

また動画では、高校3年生の男子から届いた「青春がコロナで失われました。緊急事態宣言で旅行や食事に行けない」との悩みを紹介。

坂上は「バイキングの生放送でも言って、こういうこと言うとひんしゅくを買うとわかって言ったことがあるんですけど…」と前置きして、「高校野球が中止になったときに、僕も野球をやっていたのでかわいそうな気持ちが100ですよ」と同情する。

次ページ
■「ざまぁみろっていつか言ってほしい」

『偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方』【Amazon】

青春坂上忍YouTube伊藤利尋新型コロナウイルスバイキングMORE
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング