インストラクターのよけいなひと言が原因か バンジージャンプで女性が事故死

「ゴーサインの前に彼女は飛び降りてしまった」とインストラクター。その勘違いを生んだものは…?

2021/10/15 20:10

バンジージャンプ

事故が起きれば、まず死を免れないとされるバンジージャンプ。挑戦者はインストラクターの説明にしっかりと耳を傾けるものだが、もしもそこに焦らせるような言葉が含まれているとしたら…?

カザフスタンで起きた悲惨な事故の話題を『TENGRINEWS』が報じ、イギリスの『Mail Online』なども紹介している。



 

■25メートル下の地面に

事故が起きたのは、カザフスタン・カラガンダ州の州都カラガンダにあるホテル。そこには、屋根から82フィート(約25メートル)飛び降りるバンジージャンプのアトラクションが設けられていた。しかし、当局の認可を得ずに営業していた疑いもあるという。

そのジャンプが失敗し、3人の子供を育てているエフゲニア・レオンティエワさん(33)が死亡した。その日は友人とともに遊びにきていたが、重度の脳挫傷につき助けようがなかったという。


関連記事:ヒップを触るインストラクターの告発動画が波紋 投稿女性はジム追放に納得いかず

 

■ロープを固定する前に…

事故が起きたとき、エフゲニアさんはハーネスを装着していた。だが、そこに取り付けるロープの安全確認がなされる前にジャンプしてしまったという。

「ゴーサインの前にエフゲニアさんは飛び降りてしまった」と主張するインストラクターだが、なぜ行き違いが発生したのか、録画されていた映像や目撃証言をもとに事故の調査が行われた。

すると、ジャンプ寸前のエフゲニアさんに、インストラクターが何か話しかけていたことがわかった。

次ページ
■「何も考えずさっと飛び降りて」

魔法力ゼロの労務課長が有休を取ってバンジーやりにマカオに行った話 Kindle版【Amazonでチェック】

ホテルインストラクターバンジージャンプロープカザフスタン脳挫傷翻訳記事ハーネス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング