ウマ娘「にんじんハンバーグ弁当」が話題 再販中止とした店長の苦悩とは

店長は「SNSでお客さんとコミュニケーションを取りながら、メニュー開発を行っている」と話す。

2021/10/15 17:20

にんじんハンバーグ弁当

今年2月24日からサービスがスタートした、スマートフォン向け人気ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が、1000万ダウンロードを突破したと先月20日に発表された。そんな中、ゲームに登場する料理を再現した弁当店が話題を呼んでいる。

【画像】一連の経緯と店長の想いツイート


画像をもっと見る

 

■エンタメ系デカ盛り店

草加パワー弁当(埼玉県草加市)は、エンタメ系デカ盛りを中心とした弁当店。今年4月のオープンからチラシなどの広告展開を一切行っていないが、SNSと口コミで人気店へと成長した。

デカ盛り弁当

店長は、「SNSでお客さんとコミュニケーションを取りながら、メニュー開発を行っている」と話す。メニューは固定せずに、日々進化した弁当が登場するのもこの店の特徴。「にんじんハンバーグ弁当」も、SNS上でリクエストがあったことから、企画開始。


関連記事:ミニストップ、デカ盛り&激ウマの神弁当 意外なおかずがたまらない

 

■完成まで半日を要した

三段重ねのハンバーグは、ひき肉の手ごねから始まり、にんじんをまるごとグラッセするなど手間のかかる作業のため、完成まで丸半日を要した。この店では、発売前から「匂わせツイート」を始めるが、具体的内容は、発売開始まで基本的にはシークレット。

今回の弁当は2,980円(税込み)で、発売開始ツイートしたと同時に、用意してあった2食が5分で完売した。店長は「おそらく近くにスタンバイしてくれていたのだと思う」と語る。

次ページ
■一部批判の声も

Amazonブラックフライデー最終日!

ゲームエンタメコミュニケーションSNSデカ盛りチラシ話題ウマ娘草加パワー弁当
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング