12歳男児の悪性脳腫瘍が数週で再発 チャリティ資金で最先端治療を受けることに

「息子さんの余命は半年かも…」。そう聞いた両親は、ドイツで治療を受けさせたいと考えた。

2021/10/16 12:30


 

■資金集めに奔走した人々

外国で最先端の治療を受けさせたくても、まずはお金を用意しなくてはならない。大金が必要だと知った家族は焦ったが、「ジョージくんと家族が困っている」と知った学校の先生たち、友人たち、そして地域の人々は「資金集めに協力しよう」と決心した。

その後、関係者たちは学校行事やチャリティイベントを次々と開催。そうしてお金をかき集め、ジョージくんのドイツ行きを可能にした。


関連記事:がんで左眼球を失った女性 穴でろうそくの火を消す前向きな姿に称賛集まる

 

■「闘うチャンスを与えたい」

ジョージくんの母親は、「皆様には本当に感謝しています」「今後もたくさんお金を集めて、息子に闘うチャンスを与えたいと思います」「そして、できる限り長い時間を息子と過ごしたいと思います」とコメント。ジョージくんは、まもなくドイツに向かう予定だ。

頭痛に悩む人は多いが原因はさまざまで、ストレスや生活習慣、更年期などが原因となるケースのほか、脳腫瘍やくも膜下出血など早急な診断・治療が必要なケースもある。痛みが気になる人、「いつもの頭痛とは違う」と感じる人は、早急に医療機関に行き検査を受けておくほうがいい。

・合わせて読みたい→挙式直前の20代女性がステージ4皮膚がんで他界 婚約者が悲しみ残り越え若者に警鐘

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

奇跡の放射線治療 ―脳腫瘍・頭頸部癌・肺癌・乳癌・食道癌・肝細胞癌・膵臓癌・前立腺癌・子宮頸癌・悪性リンパ腫 ほか (希望の最新医療シリーズ)【Amazonでチェック】

ドイツ手術頭痛余命イギリス悪性摘出チャリティ脳腫瘍再発翻訳記事膠芽腫
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング