国立公園の「クマに近づくな」注意を無視し夢中で撮影 20代女に実刑判決

もしも事故が起きれば全米に報じられ、観光客やハイカーは遠ざかるだろう。国立公園側も真剣だ。

2021/10/16 05:45

クマ・熊・キャンプ場

豊かな大自然を誇るアメリカの国立公園には、さまざまな野生の動物が暮らしている。クマとの遭遇は誰にとっても恐怖の瞬間だが、なかには写真や動画の撮影に夢中になってしまう人も。国立公園側にとっては、そんな客が一番厄介だ。

イエローストーン国立公園で、クマをおそれず身勝手な行動をとった女性客が起訴され、このほど刑務所へと送られたことを『WGNO/abc』『Billings Gazette』などアメリカのメディアが報じている。



 

■1名だけ身勝手な行動に

アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州にまたがる広大な敷地面積を誇り、世界遺産としても大変な人気を誇るイエローストーン国立公園。1872年に開設された、世界最古の国立公園でもある。

そこで今年5月中旬、ハイカーたちの前にグリズリーことハイイログマが突然現れた。周囲の誰もが車に逃げ込んだなか、1名の女がクマに4.5メートルの距離まで近づき、夢中になって撮影を続けたという。

公園側は同25日、Facebookを通じて人々にその人物に関する情報提供の協力を呼び掛けていた。


関連記事:動物園で遭遇したクマ、まさかの行動に… 野球ファンから怒涛のスカウト相次ぐ

 

■懲役4日の実刑判決

その後、SNSへの動画投稿がきっかけで女の身元が割れた。イリノイ州キャロルストリームから訪れていたサマンサ・R・デーリングという25歳の女で、8月に自然公園法違反の容疑で起訴され、このほど懲役4日の実刑判決が下った。

不慮の事故から守るため、ハイカーや観光客たちに対して「動物のエサ場となっている場所には近づかない。もしも遭遇したら距離を取り静かに逃げる」と常に指導してきた国立公園局(NPS=National Park Service)。それを無視し、身勝手な行動を起こした罪は重いという。

次ページ
■「踏み込んでいる」と意識を

アメリカイエローストーン国立公園の凄さ【Amazonでチェック】

Facebookアメリカ観光客話題オオカミイエローストーン国立公園野生動物翻訳記事ハイカーパイソンワイオミング州ハイイログマアイダホ州モンタナ州自然公園法グリズリー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング