宮沢りえ、伝説の写真集『Santa Fe』を語る 「抵抗感はそんなになかった」

18歳、人気絶頂だった女優・宮沢りえが出版した写真集『Santa Fe』について、本人が当時を振り返って…。

2021/10/17 09:55

宮沢りえ

16日深夜放送『千鳥かまいたちアワ~』(日本テレビ系)に女優・宮沢りえが登場。世間を騒がせた伝説の写真集『Santa Fe』(朝日出版社)について振り返り、大きな反響が起きている。



 

 

◼伝説の写真集

1991年11月に発売された写真家・篠山紀信が撮り下ろした宮沢りえの写真集『Santa Fe』。当時18歳、人気絶頂だった宮沢のヌード写真集の発売に世間は騒然、異例の売り上げを記録した。

この日は千鳥とかまいたちがゲストの宮沢に質問をしていくなか、かまいたち・山内健司は「『Santa Fe』って自分でつけたんですか?」と質問。騒然とするスタジオを無視して「僕らが学生のころに出版されて…」と思い出を語りながら宮沢に尋ねていく。


関連記事:宮沢氷魚、唯一無二の存在感 映画『ムーンライト・シャドウ』で主人公の恋人役

 

◼ 撮影経緯は…

「違いますね。ニューメキシコにサンタフェって場所があって」と自分でつけたタイトルではなかったと宮沢は言及。山内は「あれって自分で記念として撮りたいっていうふうに出たのか、どういう経緯だったのかスゴい気になったんですよ」とさらに質問を重ねる。

宮沢は「スゴくモデルさんへのあこがれがあって、ヌードに対しての抵抗感もそんなにはなかったんです、キレイだなって思っていて。(それでも)『撮ってみない?』って言われたとき、『イヤ~』ってなりましたね」と抵抗はないものの、最後まで悩んだと明かした。

次ページ
◼千鳥も思い出あり

宮沢りえ 写真集 『サンタフェ Santa Fe』 初版本【Amazonでチェック】

テレビ宮沢りえ写真集千鳥ノブ大悟かまいたち山内健司千鳥かまいたちアワ~Santa Fe
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング