梅宮アンナ、父・辰夫さんの広告看板黒塗りに怒り 「余りにも残酷」

梅宮アンナが、亡き父・梅宮辰夫さんの写真を使用した看板の顔部分が黒く塗られていたことに怒りをつづった。

2021/10/18 15:45

梅宮アンナ
(写真提供:JP News)

タレント・梅宮アンナが18日、自身の公式インスタグラムを更新。2019年に死去した父で俳優の梅宮辰夫さんの写真を使った広告看板が黒く塗り潰されていたことを報告し、怒りと悲しみをつづった。

【画像】黒く塗り潰された看板の写真



 

■契約は昨年に終了

アンナは、都内にあるビルの屋上に掲出されている看板を撮影した写真を投稿。看板の右半分は人物の写真だが、その顔部分が黒く塗られた状態になっている。

この看板は生前の梅宮さんと契約していた会社のもので、契約は2020年に終了。辰夫さんの死去もあり、都内の他の場所にあった同様の看板はすでに撤去されていたが、このビルの看板だけはそのままになっていたという。


関連記事:益田アンナ、初のDVDで圧倒的なスレンダーボディ炸裂 美ボディの秘訣は…

 

■弁護士を通じて連絡

「個人的には、写真を見るたび、心は、ほっこりもしますが…」と、父を思い出して和む部分もあったというアンナだが、「この世に存在しない人は、どうなのかな? と。この様な使い方はちょっと…と。やはり、モノには限度もありますし」と、そのまま写真を掲出することに疑問も感じていた。

先週になり、辰夫さんが所属していた芸能事務所からの連絡で、契約が切れた今なお、無許可でチラシやWEBなどにも辰夫さんの写真が掲載されていることを知り、弁護士を通じて、再度契約をし直すか、写真を取り下げるように連絡を入れた。

次ページ
■余りにも酷い行為

不良役者 梅宮辰夫が語る伝説の銀幕俳優破天荒譚【Amazonでチェック】

写真看板Instagram契約梅宮辰夫梅宮アンナ黒塗り
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング