スーパーで何を買うか忘れる問題 大橋未歩の記憶術にマツコが驚き

スーパーに行ったはいいものの、「買うもの何だっけ!?」と忘れた経験はあるはず。大橋未歩の対策とは…。

2021/10/18 19:15

大橋未歩
(写真提供:JP News)

フリーアナウンサーの大橋未歩が、18日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。スーパーで買い物をするときの「忘れ物対策」を明かし、驚きの声があがっている。



 

■物忘れトークに出演者たちが共感

番組では、何かをするために席を立ったのに何をするかを忘れてしまったという漫画を紹介し、「物忘れの瞬間」についてトークを展開。

タレントのマツコ・デラックスが「私、最近ひどいのは、ソファから立つじゃん? 何かをしようと思って立ってるってことすら忘れてるときあるもん。『なんで立ってんだっけ私』って。あるよね?」と明かすと、出演者たちが爆笑し、大橋は「しょっちゅうある」とうなずく。


関連記事:マツコがコンビニに置いてほしいモノ まさかの名言に「説得力が違う」

 

■大橋は「総数」でおぼえる

そして大橋は、スーパーで買う物を忘れないための対策として「品物名ではなくて、全部の個数で覚えるんですよ。『8個買う』って…」と独自の方法を明かし、出演者から驚きの声が。「いま6しか買ってないから、あと2個何か買うはずだったと思うと、思い出すんですよ」と買う品物の総数だけをおぼえておくという。

「それで思い出せる?」と疑問を口にするマツコに、大橋が「意外にそれは(思い出せる)」と答えると、マツコは「へぇ〜…えぇ!?」と半信半疑のようだった。

次ページ
■スーパーにメモを持っていく人の割合は…

ちょっとした刺激で 「物忘れ」がなくなる脳の習慣【Amazon】

テレビ買い物TOKYO MXマツコ・デラックススーパー大橋未歩5時に夢中!物忘れ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング