手術後の娘への付き添いを断られ… 病室に居座り続けた母親が逮捕へ

「娘には私の付き添いが必要」と頑なに主張した女性。病院は困り果てて警察を呼んだ。

2021/10/19 16:00

病室・病院

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、多くの病院で今、患者の家族の面会や付き添いを禁じたり、制限をもうけたりしている。アメリカ・フロリダ州の病院では、それが原因で患者の母親が逮捕されてしまった。

地元メディアの『First Coast News』『WKRC-TV』などが報じている。



 

■「付き添いは不可能」と病院

このほどフロリダ大学付属ヘルスノース病院で、ジャクソンビル在住のリン・サヴェージという70歳の女が、不法侵入行為があったとして駆け付けた警察官に逮捕された。

同病院には、4日からリンの娘アンバー・リン・ミラーさん(45)が入院しており、脳外科手術が行われた後だった。面会時間は朝9時から夜7時までであり、コロナ禍で付き添いは不可能と告げられていたという。


関連記事:12歳女児が出産し「赤ちゃんは俺の子」と主張 24歳の“交際相手”が性的暴行で起訴

 

■娘は脳卒中で不自由な体に

アンバーさんは4人の子を育てるかたわら、15年にわたりジャクソンビルの法律事務所に勤務していた。だが2015年に脳卒中に見舞われ半身に麻痺が起き、会話が不自由に。このたびの入院は、再びの開頭手術が必要となったためだった。

そして手術後のアンバーさんの頭部MRI検査の結果は、決して良いものではなかった。

リンは逮捕された日、朝の6時半から病室におり、夜の7時が過ぎても退室せず、午後10時ごろにスタッフが注意しても「心配で娘のそばを離れたくない」と言い張ったという。

次ページ
■尊敬されていた女

新訂版 女の子を伸ばす母親は、ここが違う! (扶桑社BOOKS文庫) 【Amazonでチェック】

母親警察入院アメリカ手術患者通報付き添いフロリダ州病室脳卒中新型コロナウイルスコロナ禍翻訳記事不法侵入罪副保安官面会時間
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング