「他の男には渡さない」と別れ話にキレたDV男 恋人にガソリン浴びせタバコで着火

すさまじいDVをはたらいた過去がある男。恋人に執着し、別れるという選択肢を認めなかった。

2021/10/19 19:20

タバコ

昔から暴力的で、恋人を痛めつけていた男。恋人も嫌気がさし別れを切り出したというが、男はそれを許すことができず恐ろしい行動に及んだ。このカップルの暗い過去、事件発生とその後について、『People』『New York Post』などアメリカのメディアが報じている。



 

■すさまじい暴力に走った男

アメリカ・テネシー州で暮らす男(38)は、以前から暴力的な人間だった。過去には妊娠後期の恋人の腹に強烈なパンチを浴びせるという凶行に及び、女性は直後に緊急帝王切開で赤ちゃんを取り出すはめになった。

それでも赤ちゃんは助かり、女性は男との関係を続行。しかし愛情は徐々に冷め、ついに「この男とは別れたい」と強く望むようになった。


関連記事:元カノの新恋人に激しく嫉妬した10代の男 誘拐殺人・遺体遺棄で逮捕

 

■別れ話で激高

8日、女性は知人宅の近くで男と会い別れを切り出した。「もうあなたと一緒にはいられない」と言われ激しく動揺した男は、「他の男との交際は許さん」とわめきながら女性にガソリンを浴びせ、直後にタバコを近づけた。

これにより炎が上がり、女性は顔、首、胸部、両腕などにやけどを負ったという。ふたりの近くに停めてあった車も相当なダメージを受けており、目撃者は「車が爆発するんじゃないかと思った」とコメントしている。

次ページ
■逮捕された男

DV(ドメスティック・バイオレンス)――殴らずにはいられない男たち (光文社新書)【Amazonでチェック】

タバコアメリカ恋人DV帝王切開ガソリン別れ話やけど緊急帝王切開翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング