膨らんだ腹が巨大化した悪性腫瘍と判明した女性 医師とともに検査の重要性を訴え

腹ばかりが膨らみ、妊婦のようになった女性。その原因は、7.7キロの巨大な腫瘍だった。

2021/10/19 10:00

ダイエットに励んでも、どんどん腹が膨らむことに悩んだ女性。その原因がようやく判明し手術を受けたことを、『Good Morning America』などアメリカのメディアが紹介している。



 

■膨らみ続ける腹に困惑

アメリカ・テキサス州で暮らす女性(29)がある時期に腹の膨らみに気づき、「いつの間にか太ってしまった」と気にしはじめた。

腹は徐々に大きくなったが痛みは全く感じなかったため、女性は病気を疑わず食生活を見直すなどし、必死に減量に励むようになったという。


関連記事:がんで左眼球を失った女性 穴でろうそくの火を消す前向きな姿に称賛集まる

 

■ダイエットの効果はなく…

それでも腹は膨らみ続け、体重もそれに伴い増加するばかりだった。念のために血液検査を受けたが異常は見つからなかったため、女性はさらに食事制限に励むようになった。

乳製品を断ち、肉や大好きなパンも食生活から完全に排除。「努力を続ければいつかはもとのサイズに戻る」と期待したが、腹は小さくなるどころかますます大きくなった。

次ページ
■巨大な腫瘍を摘出

患者の話は医師にどう聞こえるのか――診察室のすれちがいを科学する【Amazonでチェック】

ダイエットアメリカ食事手術がん検査減量腎臓腫瘍翻訳記事悪性腫瘍脂肪肉腫副腎メディカルスキャニング
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング