店でコーヒーを飲んだとき 約6割の女性が「持ち帰っているもの」が判明…

「もったいない精神」が影響? とくに40代以上の女性が多く持ち帰っている“あるもの”とは。

2021/10/20 04:15

最高にコーヒーを楽しむ女性

食後にコーヒーや紅茶を飲んだ際、多くの人が「もったいない」などの理由から、あるものを持ち帰っていることがしらべぇ編集部の調査で分かった。


画像をもっと見る

 

■約5割「砂糖やガムシロップを持ち帰り」

しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女384名に「外食」に関する意識調査を実施したところ、全体で49.0%もの人が「外食で使わなかったガムシロップや砂糖を持ち帰った経験がある」と回答。

砂糖やガムシロップを持ち帰っている人の割合_性年代別グラフ

性年代別に見ると、40代と60代女性が約8割と非常に高く、一方で、10代~30代の若い世代は、男女ともそれほど高くない割合に。男女別では、男性が42.0%に対して女性は56.0%と、大きな差が。


関連記事:50代女性の7割が調味料の消費期限切れ経験あり あまり使わないものは注意

 

■「もったいない」時代背景も影響?

しらべぇ編集部が話を聞いた30代女性も、「使わなかった砂糖やガムシロップは持ち帰るほう」だという。

「小さい頃から、祖母から何かと『もったいない!』と言われて育ちました。ファミレスに連れて行ってもらったときも、祖母はアイスコーヒーと一緒に出されたガムシロップとコーヒーフレッシュを必ず持ち帰っていました」と、戦後を生き抜いた祖母の“もったいない精神”が影響していると話す。

また、「テレビで、あるお店が客に一度出した爪楊枝や砂糖などは、一見未使用でも使い回さず廃棄している…というのを見たとき、『捨てられちゃうならもったいない…』と改めて思いました」とも語った。

次ページ
■やりすぎると「窃盗罪」のリスク!?

家で使うならこっちのほうが体に良さそう…【Amazonでチェック】

カフェ弁護士飲食店カフェラテコーヒー砂糖話題紅茶窃盗罪ガムシロップ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング