血まみれの17歳少年の告白に近隣住民が震撼 「両親をぶっ殺した」

ハロウィンを前に、ホラー映画のような陰惨な事件が発生した。

2021/10/20 20:45


 

 

■犯行動機は不明のまま

両親を惨殺した少年は、年齢・本名・顔写真も複数メディアに公開されており、すでに保釈金も2億円超に設定されている。また殺害した理由については「自分の人生だから、自分で管理したかった」などと話し、自立を望んでいたことを示唆したという。

しかし少年が経済的自立に向け努力していたとする情報は今のところなく、学校に通っていたのか、また仕事を探していたのかなど詳細も報じられていない。


関連記事:父親に殺されかけ瀕死の重傷を負った少年 警察官が養子に迎え家族の一員に

 

■「家族に殺意を抱いた経験」2割以上

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の22.6%が「家族に殺意を覚えた経験がある」と回答した。

家族に殺意を覚えた経験者の割合

どんなに近い存在であっても、「死ねばいい」と願ってしまうことはそれほど珍しいことではないようだ。特に思春期・反抗期の子供たちにとって、親は時としてうっとうしい存在なのかもしれない。

この報道を知った人たちからは「自立もしていない子供が偉そうに…」「親を殺すようなやつが自立を語るな」という声も多くあがっているが、殺害に至るまでの経緯や家族関係・トラブルなど、まだ不明な点は多い。

・合わせて読みたい→10代男女5人が16歳少年を殺害 絶えない少年犯罪に懸念と嘆きの声

(文/Sirabee編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

家族間殺人 (幻冬舎新書) 【Amazonでチェック】

警察アメリカ息子両親不審者ナイフ通報自立保釈金血まみれ返り血翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング