全農レシピ『ねぎま風丼』が話題 「甘辛みがご飯にピッタリ合う」

ねぎにはアリシンが含まれているため、血行を良くし、疲労物質である乳酸を分解する作用がある。

2021/10/20 19:40

ねぎま風丼

中国で生まれ、日本には8世紀に伝わったといわれているねぎ。ねぎの独特のにおいは、硫化アリルという成分が多く含まれているためだ。

これがある種の病原菌に対して殺菌作用を持っているため、薬用植物としての認知度も高い。そんなねぎを使ったおいしそうなレシビが話題を呼んでいる。

【画像】全農レシピ「ねぎま風丼」


画像をもっと見る

 

■甘辛味がご飯に合う

全農広報部は、公式Twitter上に「焼き鳥のねぎま風丼。甘辛みがご飯に合う合う!」などと投稿。調理手順は、まず鶏もも肉に砂糖をまぶして軽くもんでおく。次に油を敷かずに、フライパンにねぎを並べて片面2~3分ずつ焼き目が付くまで火を通す。

ねぎ


関連記事:IKKO考案「のりバターごはん」が最高すぎる これは絶対やるべき…

 

■水分を飛ばしながら炒める

その後ねぎを一度容器にとり、鶏もも肉を並べて中火にかけ、焼き色を付ける。焼き色が付いたら、ねぎを戻し入れ弱火にし、容器であわせておいた酒と水を加えて、ふたをして4~5分蒸し焼き。

ねぎま風

ふたをはずして、強火にし合わせ調味料(醤油、みりん、砂糖)を加えた後、水分を飛ばしながら炒める。それをご飯をよそったどんぶりに盛り付けすれば完成。

次ページ
■今が一番おいしい時期

焼き鳥 レンジOK ねぎま串 55g×20本【Amazonでチェック】

話題ネギ千葉県ネギマ疲労回復秋田県全農やきとりどんぶり鶏もも肉
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング