DV被害から救い求めた女性の写真を警察が公開 「危険にさらした」と批判噴出

困っていた女性の顔、そして車の写真までSNSに…。多くの人々が、その捜査方法について警察に憤っている。

2021/10/22 16:10

SNS・スマホ

ある店の従業員から通報を受け、ひとりの女性が救出を望んでいると知った警察。そこで情報を集めるべくSNSに女性の写真などをアップしたが、その危険性にはまったく気づいていなかったようだ。



 

■おびえた様子の女性がレジに

アメリカ・サウスカロライナ州で暮らす女性が、パートナーらしき男と一緒にある店を訪れた。女性はその際レジに向かい、従業員にそっとメモを差し出してから店を出た。

メモには「一緒にいる男に傷つけられてしまう」と書かれていたため、従業員は驚き通報。警察は女性がDV被害者である可能性が高いとみて、すぐに捜査を開始することにした。


関連記事:泥酔の美人キャスターが車で服を脱ぎ… 裸で爆睡を見とがめられ逮捕へ

 

■SNSで情報提供を呼びかけた警察

警察はSNSを更新し、防犯カメラがとらえた女性の姿、店の名前や住所などを公開。さらに女性が困った様子でレジ係にメモを渡したこと、そのメモの内容、男の人種や服装、乗っていた車の写真や車種まで明らかにし、情報提供を呼びかけた。

この投稿を見た多くの人がSNSでシェアしていることから、女性に関する情報がごく短いあいだに広く行き渡った可能性は高い。

次ページ
■無事に発見された女性

暴力を知らせる直感の力 ──悲劇を回避する15の知恵【Amazonでチェック】

SNS警察DV従業員情報提供翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング