4歳男児が通報し「おもちゃを見に来てね」 駆けつけた巡査の優しさに称賛の声

幼い男児のかわいらしい通報を受けたオペレーターを介し、巡査が男の子の家に向かった。

2021/10/23 13:00

パトカー・警察

悪いことをしていなくても、警察はなんとなく怖い。そんなイメージがガラリと変わるような出来事があったことを、『New York Post』などの海外メディアが伝えた。



 

■通報してしまった男の子

ニュージーランドで暮らす4歳の男の子が電話をいじり、緊急通報用の番号を押してしまうという出来事があった。

対応したオペレーターが「警察です」と伝えたところ、男の子は「言いたいことがあるの」「おもちゃがあるんだ」などと話し始め、「見に来てね」とリクエストまでしたという。

そのあと近くにいた大人が電話を代わり「間違えて通報してしまいました」とオペレーターに伝えたが、オペレーターは男の子の希望を叶えてあげたいと考えたようだ。


関連記事:プロレスラーの首を絞め反撃を受けた男児 「正当防衛」「自業自得」の意見も

 

■巡査が男の子の家へ

オペレーターは警官たちに向け、「警察におもちゃを見せたいという4歳児がいます」と無線司令を行った。

住所を伝えたところ、たまたま付近にいた巡査が「僕が対応します」と応答。通報があった家に向かい、かわいい男の子と対面して、ズラリと並べられた自慢のおもちゃを見せてもらったという。

次ページ
■しっかりと教育も

マルカ(Maruka) おしゃべりピカピカパトカー【Amazonでチェック】

SNS警察オモチャパトカーニュージーランド通報巡査オペレーター翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング