牛糞使用のフィルターで海水を真水に 世界的な飲料水不足を解決できるか

大規模な海水淡水化施設を造る必要がなく、田舎町でも自作できる海水濾過フィルターが発明され、話題になっている。

水・飲料水

海水を飲料水に変える技術は、これまでも多くの研究者たちが挑んできたテーマである。

このたびアメリカの研究者グループが発表した牛糞を使用したフィルターが、積年の課題を大きく前進させる一歩になるかもしれないと、『Daily Mail UK』など海外メディアが報じている。



 

■世界的な飲料水不足に対処

ユニセフの発表によれば、現在世界で14億以上の人々が水不足に悩む地域で生活しており、地球上に存在する水のわずか3%しか飲むことができないという。これまで多くの研究者たちがこの問題に対処するため、海水を真水に変える研究を絶えず続けてきた。

そしてこのたび、アメリカ・ノースイースタン大学の研究者たちが、そのままでは飲むことのできない水を浄化するため、牛の糞便を用いたフィルターを作成するプロセスを開発したと発表。世界的な飲料水不足への対策になるのではないかと、期待されている。


関連記事:警視庁が防災グッズに推薦する「液体ハミガキ」 長期保管の意外な真実があった

 

■サスティナブルな方法を模索

現在、海水を真水に変えるための方法として、海水淡水化というろ過方法が用いられているが、ノースイースタン大学のイ・ジョーン教授によれば、これには難点があるという。使用する素材の高額な費用やサスティナブルでないこと、さらに電力が必要な点だ。

そこで、よりサスティナブルな方法を模索した結果、低コストでかつ簡単に手に入るもので、簡単に製造できる方法を開発したと発表したのだ。

次ページ
■バクテリアを死滅させてから

[Amazon限定ブランド]CCL い・ろ・は・すラベルレス 2LPET ×8本【Amazonでチェック】

農家話題電力太陽光水不足飲料水翻訳記事サステイナブル牛糞ナノファブリケーション田舎町環境保護庁海水淡水化ノースイースタン大学
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング