高齢女性の運転で男性が非業の死 「人をはねたことに気づかなかった」

男性がいることに気づかず、はねてしまった高齢者。男性の肋骨は、14本も折れていた。

2021/10/23 14:00

高齢者・運転

「何かに当てたかな?」という感覚はあったものの、まさか人だとは思わなかったという運転手。そのせいで60代の男性が死亡したことを、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えている。



 

 

■不慮の事故発生

9月20日のこと、アメリカ・ユタ州でとんでもない事故が起きてしまった。この日、77歳の女性がハンドルを握り、レストランの駐車場から車を出そうと移動を開始。

しかし十分に進行方向を確認していなかったようで、自転車に乗っていた男性(62)をはねてしまったのだ。またこのとき女性は「人に車を当てた」という自覚がまるでなく、障害物にぶつかったとしか思っていなかった。


関連記事:小学校教師が飲酒運転で事故 同乗していた教師2人現場立ち去り

 

■何度も車に当てられた男性

女性は何に車を当てたのか確認もせずバックし、再び前進。“障害物”をうまくよけて移動しようとしたが、またしても男性に車を当ててしまった。

それでも女性はあきらめず、再びバックして前進。真ん前に倒れていた男性をひいたことで、ようやく「人だ!」と気づいたのだという。

次ページ
■女性の過失と発表されたが…

大切な親に、これなら「決心」させられる! 免許返納セラピー【Amazonでチェック】

骨折運転アメリカ高齢者免許返納過失翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング