V6・森田剛、デビュー26年間での“変化”を告白 「ある時気づいたんです」

11月1日でジャニーズ事務所を退所するV6の森田剛が、デビューからの26年間で訪れた“変化”を告白。これに他メンバーは一斉に驚き…。

2021/10/23 07:30

ジャニーズ事務所

11月1日に解散を控えたV6が、22日深夜放送の『バズリズム02』(日本テレビ系)に同局系音楽番組ラスト出演。解散に伴ってジャニーズ事務所を退所する森田剛が、デビュー26年の間で訪れた変化を語った。



 

■退所する森田の“愛されポイント”

今回で最後の出演ということもあり、この日はトークコーナーでさまざまなゲストから「V6のココを愛してます」という証言が寄せられた。

VTRで登場した俳優の須賀健太は、小学生だった2006年に『喰いタン』(同局系)で共演して以降ファンだという森田の魅力や、プライベートでの交流を熱弁。スタジオに映像が戻ると、今度はメンバーから森田の“愛されポイント”が語られていく。


関連記事:須賀健太、V6ツアー初日にグッズ画像をアップ 「やっぱ寂しい」と名残惜しさも

 

■あるとき突然…

森田と特に関係が深い三宅健は、「あまのじゃくなんですよ基本的に。でも愛がある人なんで…」と前置きすると、デビュー26年で感じた森田の変化を指摘。

「最初の頃は、ある一定の人たちにしか見せなかった優しさとか、26年やってきたら、だんだん、いろんな人に優しくできるようになってきた」と、徐々に心を開くようになったと証言する。

すると森田も、「あるとき気づいたんですよね! なんかこう… 『人に優しくしたいな』って思って」と自覚があることを明かし始めた。

次ページ
■本人コメントにメンバー驚愕

森田剛 出演『ヒメノアール』【Amazonでチェック】

テレビ岡田准一井ノ原快彦V6長野博坂本昌行須賀健太森田剛三宅健バズリズム02
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング