「遺灰は腐った卵のにおいだけど…」 夫の死を嘆く20代女性が衝撃の習慣を激白

最愛の夫はすでにあの世の人。まだ若い妻は、その悲しみを乗り越えられずにいる。

2021/10/24 14:30

遺灰・骨壺

アメリカのあるテレビ番組に、夫を亡くし、悲しさを乗り越えられずにいるという若い女性が登場。驚くような習慣にハマッていることを告白し、視聴者を仰天させた。



 

■奇妙なことにハマる人々

アメリカのCATVチャンネル「TLC」で人気ドキュメンタリー番組『My Strange Addiction』に、このほどテネシー州のケイシーさんという26歳の女性が登場した。

この番組の出演者たちは、常識を逸脱していると言わざるを得ないような趣味、儀式や習慣にハマッていることを激白する。本人がやめられずに苦しんでいるケースも多いようだ。


関連記事:「娘の遺灰を違法薬物扱いされた」 父親が警察と市を相手取り提訴

 

■外出は夫の遺灰も一緒

その番組でケイシーさんは、夫のショーンさんが少し前、喘息の発作で若くして亡くなったことを告白した。

続いて「最愛の夫を亡くした寂しさと悲しみを乗り越えられず、外出するときは夫の遺灰を必ず持ち歩いていました。いつも一緒にいられるような気がして…」と語ったケイシーさん。そこまでは誰もが理解してくれているという。

次ページ
■腐った卵のようなにおい

エスケー 骨壺 白切立 01000 7寸【Amazonでチェック】

アメリカカウンセリングアドレナリン遺灰翻訳記事自己嫌悪TLCMy Strange AddictionCATV骨壺
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング