ノンスタ石田、ダイヤモンド形状マスク装着に悪戦苦闘 「頬骨が出過ぎてて…」

ノンスタ石田がダイヤモンド形状マスクに挑戦するも、頬骨のせいで悪戦苦闘。

NON STYLE・石田明

お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が24日、自身の公式ツイッターを更新。ダイヤモンド形状マスクの装着に、苦戦する様子を見せ話題になっている。

【動画】ダイヤモンド形状マスクの装着に苦戦する石田



 

■頬骨が出過ぎてて…

石田は「このタイプのマスクに挑戦してみたけど、頬骨出過ぎてて隙間えげつない。おれドンマイ」とコメントし、11秒の短い動画を投稿。動画にはダイヤモンド形状マスクに細い棒を入れ、マスクの隙間を埋めようと悪戦苦闘する石田の様子が映っている。

ダイヤモンド形状マスクは、メディアで取り上げられるほどの人気商品。微粒子を99%カットしてくれる優れもので、顔にフィットするのが最大の特徴なのだが、石田の場合は頬骨が邪魔になって大きな隙間が空いてしまうようだ。


関連記事:コロナ療養中のノンスタ石田、相方・井上裕介からの呼ばれ方に違和感 「なんか寒気する」

 

■ファンからはアドバイスも

マスク装着に苦戦する様子を見たファンからは、「ワイヤーを自分の鼻にしっかりフィットさせたら全く隙間ないですよ」「ノーズワイヤーを鼻にキュッとしてください」「鼻のところ折ってますか?」と多くのアドバイスが寄せられている。

頬骨が出てしまう石田は、ダイヤモンド形状マスクよりも通常の不織布マスクの方が、ぴったりフィットするのかもしれない。ファンのアドバイスを参考に、石田がダイヤモンド形状マスクを装着できるのか注目だ。

次ページ
■隙間を埋めようとする石田

KF94 エアウォッシャー4層構造マスク【Amazonでチェック】

NON STYLE石田明不織布マスクダイヤモンド形状マスク頬骨
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング