上司と飲んでいる最中にブチ切れ 致命傷を負わせ死なせた男を逮捕

仲良く見えたという2人の間で、トラブルが勃発。まさかの殺人事件に発展した。

2021/10/26 06:00

ナイフ

わざわざお金を届けに部下の家に向かった上司。しかし生きて帰ることはできなかったことを、『The Daily Star』など海外のメディアが伝えている。



 

■職場の上司が家に

オーストラリア・ブリスベンで暮らしていたカリル・イブラヒムさん(59)が、今月に入りある男(29)の自宅を訪問した。任された仕事を男がやり終えたためで、イブラヒムさんは報酬を家に直接届けてやろうと考えたようだ。

2人の仲は悪くはなかったもようで、その後は男の家で一緒にビールを飲むことに。そのまましばらくは冗談を言い合い楽しく飲んでいたというが、酔いもあってかいきなりトラブルが勃発。男はこのとき「自衛しなくては…」と考え、イブラヒムさんを激しく攻撃した。


関連記事:40年以上前に起きた老女暴行事件 DNA一致で犯人をようやく逮捕

 

■上司を惨殺

刃物でイブラヒムさんを7回にわたって刺した男は、スパナを見つけて頭を攻撃。少なくとも8回は殴りつけて息の根を止めた。その後に男は両親が暮らす家に向かい、何が起きたのかを必死に説明。

「どうか助けを呼んで」と懇願したことがきっかけとなり警察が駆けつけ、ほどなくしてイブラヒムさんの遺体を発見した。イブラヒムさんを死なせた男は警察に事情をきかれ、「イブラヒムさんに襲われたんです」などと説明した。

次ページ
■正当防衛を主張

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

上司警察喧嘩死亡刃物自衛殺害保釈金正当防衛翻訳記事スパナ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング