壮絶な出産で新生児を亡くした両親が経緯公表 「まるでホラー映画だった」

ようやく生まれたものの、赤ちゃんはぐったりしたまま。頭には傷がいくつもできていた。

2021/10/26 19:00

出産・分娩

赤ちゃんの誕生を楽しみにしていたカップルが、その死に衝撃を受けた。元気だった赤ちゃんが傷だらけの状態で生まれるまでの経緯を、『Liverpool Echo』などイギリスのメディアが伝えた。



 

 

■子宮口が開かず帝王切開へ

5月のこと、イギリスで暮らす女性が出産の時期を迎えた。しかし予定日を過ぎても子宮口が十分に開かなかったため、帝王切開で赤ちゃんを取り出すことに。麻酔を打たれ、手術室に運ばれたという。

しかし手術を始める直前になり「子宮口が十分開いた」と判断されたため、またしても予定を変更。経膣分娩に挑むことになった。


関連記事:生まれた女児の顔に13針縫う切り傷が… 緊急帝王切開の事故に家族が大ショック

 

■鉗子分娩に切り替え

なかなか出てこない赤ちゃんを出すため、医師は鉗子を使用することにした。モニターを見ながら陣痛の波に合わせて赤ちゃんを引っ張ったところ、女性の体が分娩台からずれるほどの勢いだったという。

そのうちタイミングもずれはじめ助産師もあわてたが、医師は気にもしなかったそうだ。それでも赤ちゃんは出てこなかったため、医師が会陰を切開し、ようやく取り出すことに成功した。

次ページ
■頭にケガを負っていた赤ちゃん

マンガ 妊娠・出産リアル体感BOOK 助産師さん呼びましょうか? [全5巻合本版] (スマートブックス)【Amazonでチェック】

出産頭蓋骨帝王切開助産師翻訳記事鉗子経膣分娩子宮口
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング