ミスコン追放の出場者が「性差別」と怒り心頭 主催を訴える騒動に

華やかなミス・コンテストは世界中の憧れの的だが、時代とともに美しさの基準も変化している。

2021/10/26 11:30

ミスコン・ミスコンテスト

女性たちが美の頂点を競い合い、世界各国で毎年大きな話題を呼ぶ「ミス・コンテスト」。だがフランスの国内大会では、出場者が「性差別だ」と訴える騒ぎになっていたことがわかった。『Metro』『CNN』など英米のメディアが報じている。



 

■「外見で選ぶのは性差別」

ミス・コンテスト・フランスの主催者を訴えているのは、コンテストの出場者3名。名前は明らかにされていないが、フランスの有名なフェミニスト団体である「オセズ・ル・フェミニズム(Osez le feminisme)」と手を組み、苦情を申し立てている。

このオセズ・ル・フェミニズムは、長く同コンテストに抗議しており、「外見で女性の優劣をつけることは、性差別にもつながる」と主張してきた。


関連記事:四千頭身・都築、生放送でトラウマ級「大ミス」犯していたことを後藤に晒される

 

■厳しい出場の条件

ミス・フランスの出場条件は、身長165センチメートル以上で、独身で子供がいないことや既婚歴がないことを、最低条件としている。

さらに、大会期間中の体重の増減や髪形髪型の変化を禁じ、耳以外にピアスを開けていないこと、タトゥーを入れていないことも出場者全員に厳しく求めてきた。

パリ郊外のある裁判所に起訴状を提出した3名は、いずれも「コンテストは優雅さを求めるにもかかわらず、道徳や公序良俗に反する行動があった」との理由で、コンテストの出場を拒否されていた。

次ページ
■追放は「解雇」なのか

何でもない人だった私が、 ミスコンに挑戦して 何でもない幸せを手にした話 〜前編〜 ミスコン体験記【Amazonでチェック】

水着髪型タトゥーフランス体重コンテスト独身既婚性差別ミスコン女性蔑視提訴ピアス労働基準法不当解雇翻訳記事ミス・フランスオセズ・ル・フェミニズム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング