洗面所で誰かに見られてるような… その正体が「B級ホラー映画」と話題に

自宅の洗面所で見かけた光景が、完全にホラー映画のワンシーンと話題に。果たして何が起こっていたかというと…。

その家の住人にとっては日常でも、外部の人が見れば「カルチャーショック」を引き起こす光景というのは決して珍しくない。現在ツイッター上では、あまりにホラー映画すぎる洗面所の様子が、大きな話題となっているのだ。

【話題のツイート】多分、我が家では生涯見られない


画像をもっと見る

 

■怖すぎるだろ…

注目を集めているのは、ツイッターユーザー・づかさんが24日に投稿した一件のツイート。

標本

本文は「標本するためにアオザメの生首を洗面所置いたらマジでハウスシャークになった」と、何やら強烈なパワーワードが並んでいたのだが…添えられた写真を見ると、そこにはひと目で「サメ」と分かる鋭角フォルムの生物が、洗面所から首をニョキッと生やしている様子が確認できたのだ。

頭部のサイズ感を見る限りでは絶対にあり得ないのだが、シチュエーションがシチュエーションなだけに「胴体は排水管に詰まっているのか…?」と疑ってしまうようなホラー的光景である。


関連記事:スーパーで見かけた刺身、その名前に驚愕 「意味が分からない…」と戸惑いの声も

 

■「完全にB級映画」と話題

この投稿は多くのツイッターユーザーに衝撃を与えており、投稿からわずか数日で10,000件近くものRTを記録している。

づかさんも本文で触れていたが、『ハウスシャーク』や『JAWS』といった多数の「サメ映画」が存在することから分かるように、サメはパニック系映画と非常に相性が良い存在。

「災害(台風)」と融合した『シャークネード』という作品があることからも分かるように、あらゆるジャンルとクロスオーバー可能な柔軟性も魅力である。今日も世界のどこかで新たな「サメ映画」の脚本が練られていることだろう。

標本

こうした実情もあってか、同ツイートには「完全にB級映画じゃん…」「映画のCGとは違うリアルさがあるな」「JAWSを観たあの日から、いつかこんな日が来るとは思っていた…」など、映画に絡めたリプライが多数寄せられている。

また人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』には「スタンド」と呼ばれる精神エネルギーの能力が登場するのだが、同作5部にはサメの形をし、体の大きさを変えられる「クラッシュ」というスタンドが存在するため、今回のツイートを見てこちらを思い出したジョジョ勢も多いようだ。

次ページ
■気になるサメの「その後」は…

作者は絶対、サメ映画好きですよね【Amazon】

ホラーツイッター話題洗面所サメ標本
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング