手にマイクロチップを埋め込んだインフルエンサー 驚きの暮らしぶりを紹介

ジャラジャラと重くかさばる鍵の持ち歩きは不便。今後、世界で鍵のマイクロチップ化が進むのか…?

マイクロチップ・手

「チップガール」なるニックネームを持つ、女性のインフルエンサーをご存じだろうか。あるモノの代わりとなるマイクロチップを手の甲に埋め込み、その最先端のテクノロジーが大きな話題になっているのだ。インドの『Indiatimes』や『NEWS18』が報じた。



 

■マイクロチップは米粒サイズ

アメリカ・ネバダ州のラスベガスで暮らすバーガンディー・ウォラーさんは、去年の夏に会計士である大富豪の男性にほれ込んでプロポーズ。以来、「@chipgirlhere」というアカウント名でTikTokなどのSNSに美しいウエディングフォトを度々公開しては、女性たちの羨望を集めてきた。

だがバーガンディーさんが注目されている理由は、じつは他にもある。なんと左手甲の親指の付け根に、米粒サイズのマイクロチップを埋め込んでいるのだ。


関連記事:動物保護施設で別名になった愛犬と再会 奇跡に感謝する飼い主は「二度と放さない」

 

■通称「スマートハウス」

バーガンディーさんと夫はともに電子機器が大好きで、技術系の新興企業の創設者が所有していた豪邸を購入し、暮らしている。

だがその家は、玄関のみならず、食器棚やジム、寝室などいたる所に鍵がついているという。そこでバーガンディーさんは「いちいち鍵を持ち歩くのが面倒くさい」との理由で、マイクロチップキーを体に埋め込むことを決意した。

140万人いるフォロワーから「スマートハウス」と呼ばれているその豪邸。他にも、タッチパネルでパンの種類や焼き加減を設定できるトースター、マグネットの仕掛けにより宙に浮かぶ小物入れ、さらにはスマートフォンで作動するスーツケースなどが紹介されている。

次ページ
■再生回数は78万回超

早わかりマイクロ化学チップ 単行本(ソフトカバー)【Amazonでチェック】

話題翻訳記事マイクロチップチップガールバーガンディー・ウォラー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング