大谷翔平選手、選手間投票による「MVP」を獲得 「私達はすごいものを見ている」

大リーグ選手会による「MVP」を獲得した大谷翔平選手。日本人としての受賞は史上初…。

大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は29日(現地時間28日)、大リーグ選手会の選手間投票で「年間最優秀選手賞」と「ア・リーグ最優秀野手賞」をダブル受賞した。



 

■「年間最優秀選手賞」は日本人初

今シーズンの大谷選手は、投手で9勝2敗、防御率3.18、156奪三振、WHIP1.09。打者としては、打率2割5分7厘、46本塁打、100打点、26盗塁、OPS.965の好成績。二刀流としてタフなシーズンを戦い抜き、不調のチームを牽引し続けた。

「ア・リーグ最優秀野手賞」は2004年に年間最多安打記録(262安打)を達成したイチロー氏以来2人目の快挙。「年間最優秀選手賞」で日本人選手の受賞は史上初となる。


関連記事:大谷翔平選手、日本人最多記録に並ぶ31号本塁打 「いったい誰が止めるんだ」

 

■全体の56%の支持を得た

今年は184選手の投票で大谷選手が56%の支持を得てトップ。気になる2位は、ア・リーグの本塁打王となったウラジミール・ゲレロJr(トロント・ブルージェイズ)の29.3%であった。

来シーズンも二刀流としての活躍が期待される大谷選手。日本人初の本塁打王と、今シーズン達成できなかった2桁勝利を待ち望むファンは多いことだろう。

次ページ
■来季のタイトルを期待する声が続出

大谷選手の超一流の思考に迫る【Amazon】

MLB大谷翔平MVPロサンゼルス・エンゼルス選手間投票
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング