なぜ今なの? 仕事の帰り際に上司にされて最悪だった言動

仕事を終えてできれば早く帰りたいのに、帰宅間際の上司の言動に迷惑した経験がある人も多いようだ。

2021/10/30 20:00

ビジネスマン

仕事が終われば、早く帰りたいと思う人が大半だろう。しかし上司がいらないことをしてきて、帰りにくくなることもあるようだ。しらべぇ取材班が体験談を聞いた。



 

①定時の数分前に急ぎの仕事

「その日は友達と会う約束があったので、できるだけ急いで帰りたかったんです。それなのに上司は定時の数分前に、『これ、急ぎの仕事だった。悪いけれど、やっといて』と言ってきて…。


そもそも上司が放置して忘れていたために、急ぎになった仕事です。あらかじめ言ってくれていれば、余裕があったのに…。仕方ないので、友達に『遅れる』と連絡しましたよ」(20代・女性)


関連記事:決断するのが仕事なのに… 上司の優柔不断さにイラッとした体験談

 

②帰る支度をしているところに自慢話

「ずっと残業が続いていたので、めずらしく定時に帰宅できるのをうれしく思っていました。家に帰ってからやることをあれこれと考えていると、上司が話しかけてきたんです。


上司は自分がこれまでやった仕事の功績などを、ひたすら話してきました。気がつけば定時を過ぎていましたが、上司は気にせず話を続けます。何度も聞かされている話だけに、さらにイラッとしましたね」(20代・男性)

次ページ
③行くことが前提の飲み会の誘い

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

上司仕事部下帰る帰宅定時
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング