ふかわりょう、消滅危機のMDを懐古 「アルバムを1枚分全部入れるとか…」

完全消滅の危機に瀕しているMDについて、ふかわりょうが思い出や利便性を語った。

2021/11/04 03:05

ふかわりょう

3日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうが利用者が激減しているMD(ミニディスク)を懐かしむ一幕があった。



 

■MDが完全消滅の危機

番組は1990年代に隆盛を誇った音楽記録媒体MD(ミニディスク)が完全消滅の危機に瀕していることを取り上げる。

日本のみで使用されていたことや、音質より記録媒体としての利便性が支持されていたことから、サブスクリプション主流の現在では、必要性がなくなっているのだと紹介された。


関連記事:ふかわりょう、音楽CDの魅力を熱く語る 「音を想像して家に帰って…」

 

■河口恭吾は「寂しい」

この日ゲストの河口恭吾はMDの衰退について、「寂しいですね。曲を作るときにMDのレコーダーにメロディーを録音していた時代があったので」と語る。

ふかわは、「今みたいに CD-Rの白版がそんなになかったころ、MDは音質が良かったんですよね。ただ、レコードとか、アナログ回帰はあるけど、デジタルだから MD回帰っていう声が聞かれないですね」と分析した。

次ページ
■ふかわが思い出を語る

ふかわりょう『世の中と足並みがそろわない』【Amazonでチェック】

平成ふかわりょうバラいろダンディ大島由香里回顧MDミニディスク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング