苦境でこそ円満になれる? 自然災害がもたらす夫婦関係の変化

日々のストレスが気にならなくなるほどの災害に襲われると、夫婦関係に影響をもたらすことが判明した。

2021/11/06 14:00

台風・ハリケーン・自然災害・浸水

「自然災害が、少なくとも短期的には夫婦の絆を強めてくれる」という研究結果が、話題を集めている。『Daily Mail』など海外メディアが報じている。



 

■災害と夫婦の絆の関連は…

心理学会の旗艦ジャーナルである『心理科学』に掲載された、アメリカ・テキサス州のテキサス大学オースティンの研究チームによる研究が話題を集めている。

今回の調査で、「自然災害の後、少なくとも短期的には夫婦関係の満足度が深まる」ことがわかったというのだ。


関連記事:台風接近時の窓ガラス飛散防止対策 「警視庁のアイディア」が参考になる…

 

■ハリケーンの前後で調査を実施

2017年8月、大型ハリケーン「ハービー」がテキサス州に上陸し、甚大な被害をもたらした。死者は80人に上り、80万人もの人が家を失い、何らかの支援を必要としたほどだった。

「ハービー」の被害総額は、ヒューストンやその近隣地域で合わせて1,330億ドル以上(日本円で約15兆円)であり、ハリケーン「カトリーナ」の1,600億ドル以上(約18兆円)に次いで、アメリカ史上2番目に損害が大きなハリケーンとなっている。

調査チームは、経済的な問題や夫婦から両親への移行など、日々のストレス要因が与える影響についてもともと調査を行っていた新婚夫婦231組に、ハリケーン後に再度インタビューをすることができたそうだ。

次ページ
■意外な調査結果

夫婦道 がんばらない幸せ: 夫婦関係改善マニュアル 夫編&妻編【Amazonでチェック】

ストレス話題夫婦関係満足度自然災害オースティンテキサス州テキサス大学ヒューストンハリケーン・ハービーハリケーン・カトリーナ心理科学
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング